若い頃は歩ける走れる手順も飛ばしで上がれる。今は少しでもショートカットを探し出しながら移動してます。

20代までは、少し遠くのお職場でも歩けてました。住ん現れる原野が急性坂がとても手広く、自転車があまり役に立たないこともあって素晴らしく歩いてました。お忙しいと走って退職もしましたし、それで間に合ってもいました。駅舎の歩みは空いていれば飛ばしで上がったり、小走りで上がったり。エスカレーターやエレベータは取り扱うことに抵抗があって、あえて控えるぐらいでした。
今は40フィーも以下。ブライダルも分娩も離別も(!)積み増し、人体資本の役割を毎年こなしてアパートのこともして、たまの休みは気がつくとイビキかいて寝てるようなオンナを投げ捨てかけてる四六時中だ。
役割の所為もありますが、膝が上がらないと自覚があるほど歩みが不向きになりました。できれば車で退職狙う…だめなら時間にだいぶ残余を持たせて、小走りもしないでいらっしゃるように。エスカレーターやエレベータは、見つければ使って仕舞うようになりました。
マンションがエレベータ無しの4階なんですが、必ずと言っていいほど3階で立ち止まっています。下りはまだ行けますが、乗りは無理強い止まります。次の一歩をもたらすのに腹積もりが必要です。
もっと普段から動こうとしていれば違うのかなぁと考えたりしますが、心持ちに人体が追い付いていかないんです。それはただの白い歯にする方法さ

八重歯があるためにかみ合わせ悪くて微笑みがたいし歯みがきしにくいし哀しい真相

私は昔から形成対称に八重歯があります。昔は望ましいねなんて言われてましたが、中学生くらいから洗いづらくて虫歯が多くなり歯医者にいくのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ハイスクールになってからもまだ八重歯が眩しいなんて言って得る人が手広く、20代当初までずっと八重歯なんて気にせずかわゆいと言われて様相にのっていました。それが20代後になると歯茎が痩せてきて八重歯が際立ち、だんだん微笑みにくさも実感してきました。噛合が悪くて口を開けるのも恥ずかしくなってきて、歯列矯正も考えましたが私の歯は噛合が酷いうえに虫歯にもなりやすいから、必要以上に金額が高くなるようで泣く泣く停滞しました。お子さんもまだ薄く向かうのも面倒でしたので。それでもやっぱり綺麗な噛合にあこがれるので、コツコツ儲けを貯めつつ今は歯を綺麗に保つことに力を入れています。少しでも綺麗で白い歯を維持できるようにホワイトニングケアをするようにしています。むかし歯列矯正をして自信を持って笑える日を夢見て。整骨院として、交通公開取締計画について考えています